建築図面

メリットについて

色鉛筆で家を描く

建売住宅と比較するとどのようなライフスタイルでも何人家族でも二世帯住宅でもそれぞれの住み方に合った設計ができるのが注文住宅です。
建売の物件が理想とする物件とほとんど同じ場合を除いて注文住宅というのは非常に魅力のある建築方法です。
もちろんメリットがある半面デメリットも存在します。
価格とイメージが大きなデメリットです。
一般的に建売住宅に比べると建築費用が高価になります。
もちろんこだわればこだわるほど高価になるので自分たちの資金計画をしっかり綿密に建てる必要があります。
もうひとつイメージの相違です。
机上で多くの人間が議論を行います。
中には実際に完成したものがイメージしていたものと異なるというトラブルが発生することも考えられます。
こういったデメリットはある一方、建て方によってはこれ以上ないというくらい住みやすい住宅を建てることができるのです。

注文住宅に限らず住宅を購入する場合多くの人が利用するのが住宅ローンです。
住宅ローンは借りる前に事前の審査が行われます。
審査は勤め先や勤続年数、他社からの借り入れの有無などが審査の対象となります。
単独で借りる場合はその人についての審査が行われ夫婦などの連名で借りる場合には夫婦の審査が行われます。
審査は一般的には借り入れを行う人についてのみ身辺調査が行われます。
勤続年数や勤め先企業の大小などによって最大借入額が異なります。
もちろん借入先の銀行が異なればその額も多少変化します。
この他にも住宅ローンを申し込んだ会社の担当者と銀行の担当者との信頼関係の有無によっては借入限度額の交渉が可能な場合もあるのです。
やたら事前審査を行うのは不利になることもありますが一つの銀行の審査が通らなくても他の銀行が融資してくれる可能性がないわけではないのです。