建築図面

流れを知る

間取り模型

注文住宅は建売住宅と異なり内装や間取りなどを住む人の使い勝手が良いように、住む人の好みに合わせて指定することができます。
とはいえ注文住宅を提供する業者は多く存在します。
地域の工務店からハウスメーカーや設計事務所など多岐にわたります。
とはいえそれぞれに特性がありそういった特徴を理解したうえで業者を決定する必要があります。
間取りが指定できると言ってももちろんどんな形でも作成できるわけではありません。
建築できる形も業者によって異なりますが最低限守る必要があるのが建築基準法などの建物に関する法律です。
こういった法律を満たす範囲でかつ自社の決まりの範囲内で間取りを決めることができます。
自社の決まりの範囲が業者によって異なるのである業者で断られた間取りでも他の業者で建てることができる場合もあります。

業者によって決められている決まりは使用している材料ごとに大まかに分類することができます。
木造住宅では鉄骨住宅ほど広い空間を確保することが難しいのです。
というのも一つの柱で支えられることができる荷重が異なります。
もちろん構造自体も異なるのでより多くの支えが必要となるためです。
この他にも壁の断熱方法も内断熱や外断熱など様々な種類があります。
こうした大まかな材料や工法はハウスメーカーなどでは特にあらかじめ決められています。
ですからこういった業者を選ぶ際にはどのような材料でどういった工法で建築したいかによってある程度業者を絞ることができます。
使用する材料が異なれば住宅の価格も大きく異なります。
見積りを比較する際にも工法の異なる複数の見積もりを比較するのは専門の知識を持った人でも難しいのです。
ですから見積もりを比較する為にもある程度条件を同じにする必要があります。