建築図面

資金の準備をする

間取り図と模型

注文住宅は施主の好みを自由に反映させることができる唯一の建設方法となります。
住み心地にこだわったり雰囲気を楽しんだり、あるいはその外観などのデザインを重視したりと、まさにオーダーメイド感覚で建てることのできる住宅となります。
つまり、そこには施主の希望する個性的なものが表現されることになるわけです。
そしてそれを実現するのは、設計事務所の技術ということになります。
もちろん、施主としては参考にする物件があり、その雰囲気を望むケースも多いものですが、土地の条件や予算などの制約の中でどう表現するかは設計事務所のセンスにかかっているわけです。
そしてイメージする雰囲気をどう伝えることができるかも大切なこととなります。

施主のセンスを表現した個性的な住宅を建設するためには、それなりのテクニックも必要となります。
まずはどのような設計事務所を選ぶかということになります。
実は注文住宅を扱う設計事務所は、それぞれに個性があり得意とする分野があるものです。
例えば狭小住宅を得意とするところがあります。
狭い土地をいかに最大限活かしながらも住みやすさやデザイン性を備えるかのノウハウを蓄積しているというわけです。
あるいは木の家にこだわるところであれば、ありとあらゆる材木の種類とその性質を把握した上で、適材適所で効果的に使用することにより個性的な住宅を建てることができるわけです。
そのような設計事務所の個性と、施主自身のセンスがマッチしてものとなるように選ぶことが非常に大切なこととなります。